ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、薬剤により歯を白くするための施術のことをいいます。歯の変色には様々な原因があります。歯の表面の着色や汚れにより変色している場合には、クリーニングにより色調を改善することができます。歯の内面まで変色している場合には、表面のクリーニングだけでは白くなりませんが、歯のホワイトニングにより歯を白くできることがあります。

ホワイトニングには2種類あり、歯科医院で受けるオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、専用の薬剤と光照射を使用して歯を白くする方法です。ホームホワイトニングでも薬剤を使用しますが、オフィスホワイトニングでは濃度の高い薬剤を使用します。ホームホワイトニングに比べて、短期間で効果が現れるというメリットがありますが、ホームホワイトニングよりも色が戻りやすいというデメリットもあります。

ホームホワイトニング

その名の通り、自宅で行うホワイトニングのことです。まず、歯型をとり、患者さんの歯並びに合ったマウストレーを作製します。ホワイトニング用の薬剤をマウストレーに入れた後、これを装着することで、ホワイトニング効果を得ます。

通常、1日数時間、2~4週間の間、マウストレーを装着します。オフィスホワイトニングに比べ、効果が出るまでに時間がかかりますが、ホームホワイトニングでは、低濃度の薬剤を使用するためより安全であり、効果が長く持続するというメリットがあります。

ホワイトニングの流れ

1.問診・診査
歯の色に関する悩みや希望をお聞きします。次に、口の中全体の診査を行います。むし歯や歯周病などがある場合は、ホワイトニングの前に治療を行います。知覚過敏がある歯には、ホワイトニングにより症状が増強し痛みが出ることがあるため、施術ができない場合もあります。
2.カウンセリング
診査終了後、歯の変色の原因や患者さんの希望などを考慮し、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、あるいは両者を併用するか相談します。
3.クリーニング
専用の器具を使用して、歯の表面の着色・汚れを除去します。

上記1‐3の後は「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」に分かれます。

オフィスホワイトニング

4.薬剤の塗布
歯肉を保護して、歯に薬剤を塗布します。
5.光照射
特殊な光を照射します。オフィスホワイトニングは、薬剤を使用し、色素を分解して歯を白くしますが、薬剤を塗布しただけでは色素の分解に時間がかかります。
光やレーザーを照射することによって、短時間で歯を白くすることが可能になります。
6.薬剤を除去
塗布した薬剤を綺麗に洗い流します。

希望の色調により、4‐6を数回繰り返します。

ホームホワイトニング

4.型取り
マウストレーを作製するため、歯の型取りを行います。(マウストレーの受け渡しは後日になります)
5.ホームホワイトニングの説明
マウストレーが完成したら、具体的なホワイトニングの方法・注意点について説明を受けます。その日から2~4週間自宅でホワイトニングをご自身で行います。
以上がホワイトニングの内容です。保険適応外のためホワイトニングの種類、行う歯の範囲や回数によって料金が変わってきます。知覚過敏の有無や症例によっては適応外の場合もありますので、詳しくはお気軽に来院しお尋ね下さい。